インコと暮らす【インコの主食について】

インコと暮らす【インコの主食について】

皆さん、インコの餌は何をあげていますか?餌をあげるときになにか気を付けている事はありますか?

今回は、私の愛鳥モモちゃんの話を交えて、インコの餌の主食についてお話ししていきたいと思います。

インコが食べるもの

インコが食べるものには主食・野菜・副食・おやつがあります。

そして、インコの食事の量は、インコの大きさにもよりますが、大体3.5g~5g程度と言われているのです。

今回紹介するインコの主食にはシードとペレットの2種類があります。

一般的にはどちらか片方を与えたり、両方与える人もいます。

シードとペレットどちらにもメリット・デメリットがあり、どちらか一方を与える場合は、副食の選び方も異なってくると言われているので、始めにシードとペレットについてをしっかり把握しておきましょう。

シード

シードは最もポピュラーで、比較的安く手に入る、主食です。

ペットショップでは、様々な種子が配合された混合シードが売られていますが、主に与えるのであれば「アワ」「ヒエ」「キビ」の3種類で十分です。

アワ:低カロリーで炭水化物が高めなので、雛の餌にもなる種。

ヒエ:低カロリーで脂質はやや多め。高カルシウム。

キビ:高タンパク、高カロリー、炭水化物が多め。ヒエやアワよりも脂質が低い。

自身でシードをミックスする場合は、シードの栄養から、ヒエ5・アワ2・キビ1の比率を目安に配合してあげる事をおすすめしています。

殻無し(むき餌)と殻付きシード

次に殻付きシード(むき餌)と殻無しシードについてです。

シードを与える際、殻付きか殻無し(むき餌)のシードがあるかと思います。

殻付きと殻無し(むき餌)は、どちらがいいかわからない人も多くいるので、簡単に紹介していきます。

結論から言えば、インコの主食にシードを与える際は、殻付きシードがおすすめです。

なぜ、殻付きシードがおすすめかと言うと、インコにとって殻をむいて食べる餌は、インコにとっては食事の中でも楽しみの一環なのです。

殻を剥く行為がストレス解消となるので、小さくデリケートなインコさんには、健康を維持する為にも必要な作業と言われています。

また、殻無しシード(むき餌)よりも殻付きシードの方が、栄養価が高く、水分も適度に保たれている為、殻無しシードと比べると腐敗しにくいと言われています。

殻無しシード(むき餌)は、インコが病気や体調不良などで、剥く力が低下している時に適しています。

そのため、インコの体調に合わせ、殻付きシードか殻無しシード(むき餌)かを選びましょう。

また、シードを与える場合は、必要な栄養が補えない場合もあるので、ビタミン剤などのサプリメントを一緒に与えてあげましょう。

殻付きシードの注意点

殻付きシードを与えると、インコが餌を食べ終わった後、殻が餌箱に残ります。

これは、餌がまだ残っていると勘違いしてしまい、餌の交換が遅れる原因となります。

餌がまだ残っていると勘違いし、餌の交換が遅れる事で、最悪の場合インコが餓死してしまう可能性がある事を頭に入れておいてください。

インコさんが空腹で苦しまないように、餌の交換は毎日行うようにしましょう。

ペレット

ペレットとは、インコに必要な栄養を考え作られた総合栄養食です。

シードと比べると、栄養的にはとっても優れている餌となっています。

ただ、ペレットはインコにとって嗜好性が低く、シードの方が美味しいと感じるようです。

インコの食の楽しみを考えると、必ずしもいい餌とは言えませんが、シードでは補えない栄養素がバランスよく含んでいるため、健康を考えればペレットを与える事をおすすめします。

また、ペレットの場合は総合的に栄養がバランスよく配合されているので、ビタミン剤などのサプリメントは必要ないでしょう。

餌をシードからペレットに変える時

インコの主食が元々シードの場合、なかなかペレットを受け入れてくれないインコさんもいるようです。

病院の先生に聞いたところ、そのような場合は徐々にシードからペレットに変えるのがいいとの事でした。

そのため、シードにペレットを混ぜ、ちょっとずつペレットに慣れさせる方がいいとの事で、それでも食べてくれない場合は、ペレットを砕いて混ぜてあげると食べてくれるそうです。

そのため、インコさんと暮らし始めた時は、最初からペレットを与えてあげる方がいいと言っていました。

我が家のモモちゃんの餌

我が家の愛鳥モモちゃんの餌は、元々シードだったのですが、好き嫌いが激しく、嫌いなシードは食べない傾向があり、栄養バランスが偏っていたため、鳥専門病院でアドバイスを受け、現在ではペレットが主食です。

モモちゃんはペレットも好きらしく、あればあるだけ、お腹がパンパンになるまで食べてしまうので、毎日決まった量を、朝と夜にあげています。

たまに我が家では、モモちゃんの大好きなカナリーシードをおやつとしてあげています。

まとめ

シードは比較的安価で手に入れることができますが、ペレットはシードと比べると、かなり高価になります。

そのため、シードを与える人が多くいます。私もその1人でした。

モモちゃんが体調を崩し、病院の先生に話を聞いた時、インコが健康的に長生きを願うなら、ペレットがいいのだと知りました。

必ずしもペレットだけがいいと言う訳ではありませんが、ペレットも食べてもらえるようにするという事が大事なことに気づきました。

我が家のモモちゃんは、すんなりペレットを受け入れてくれましたが、そうでない子が多いのも事実です。

どうしてもシードしか食べてくれない場合は、必ずサプリメントを与えてあげてください。

今回はインコの主食についてお話ししましたが、副食や野菜、おやつについてもお話ししますので、ぜひ参考にしていただければ嬉しいです!

カテゴリの最新記事