子犬のおやつを選ぼう![選び方と注意点]

子犬のおやつを選ぼう![選び方と注意点]

子犬のおやつはいつから与えればいいのでしょう。

世間とは違い子犬は消化器が未成熟なので、与えてはいけない形状や硬さのおやつがあります。そのためおやつを安全にかつ健康的に与えるためには、子犬の成長に合わせたおやつを選ぶことがポイントです。

おやつの選び方1つで犬の健康を損なってしまう恐れがあるので、こちらでは子犬用のおやつの情報や機能性のあるおやつをご紹介していきますのでぜひ参考にしてください。

子犬のおやつ

子犬のおやつ

お留守番する時やしつけ、毎日決まった時間にあげるご褒美など、犬にとってのおやつは日々の楽しみでもあります。
そんな犬に与えるおやつは、様々な形の物や様々な種類のものが存在しており、それを与えればいいのか悩む人も多くいます。

まず愛犬の好みや飼い主さんの好みがありますが、では愛犬に必要なおやつを知っておく必要があります。
愛犬に必要なおやつとは、体に良い成分が含まれているものや、おやつを食べることでケアが出来るようなおやつを選びます。

おやつの選び方1つで肥満や偏食の原因になる可能性があるので、注意が必要です。

子犬の月例に応じたおやつを選ぶ

子犬の月齢に合わせておやつを選びましょう。
おやつを与えられる時期は3ヶ月以上からが理想です。

では、どんなものを与えればいいのか紹介していきます。

・生後3ヶ月以上の子犬
生後3ヶ月ほどの子犬には、柔らかめのおやつを与えましょう。
ボーロやクッキーなどが理想です。

・生後6ヶ月以上の子犬
生後半年以上を過ぎた子犬には、歯磨きガムや固めのおやつをあげられるようになります。

生後半年を満たない子犬には、柔らかめのおやつが理想です。
内臓がまだ未熟な状態なので硬いおやつを大きなまま飲み込んでしまうと、粘膜を傷つけたり、ひどい場合は内蔵で詰まってしまう可能性があります。

まだ小さな子犬なので、簡単に上砕ける硬さのおやつを与えてあげましょう。

生後半年以上を超えると、はも生え代わる頃で、硬くて大きいおやつでも上手に食べることができるようになります。

ただ半年以上超えたからと、油断は禁物です。

犬は人間のように食べ物を噛み砕いてから飲み込むのではなく、飲み込める大きさのものを丸呑みしてしまいます。

普段は問題なく食べられていても、何かの拍子に大きなまま飲み込んでしまい、喉に詰まらせてしまうと言う事故になる可能性があるのです。

硬いおやつは長い時間噛むため愛犬のストレス発散になることや、歯磨き効果があるため人気ですが、必ず飼い主の目の届く場所で与えるようにしましょう。

おやつの与え方

おやつの与え方

犬のご飯の約1割程度はおやつの目安と言われています。
ただ、パピーフードはカロリーが高めなので、できるだけおやつは少量を与えるように意識してください。

栄養バランスを崩さないためにもおやつを与えすぎないことが重要です。
おやつを与える機会が多くなる場合は、1日のドッグフードの与える量の中から、おやつとしてご褒美の際に与えることをおすすめします。

しつけやトレーニングをたっぷり行う場合は、小粒のドッグフードが役立ちます。
ご褒美を与える際は、褒め言葉や態度でしっかり表現してあげましょう。
そうすることで愛犬にとって喜びとなり、ご褒美がなくても、言うことを聞いてくれるようになります。

機能性のあるおやつ

機能性のあるおやつ

機能性のあるおやつと言えばグリニイズが有名です。
グリニーズが歯磨きの効果を得られる機能性のやつですが、歯磨き以外に、目の健康維持を得られる成分も追加されています。
グリニーズは生後6ヶ月以上の子犬から与えることができる機能性のあるおやつです。

その他にも、食物アレルギーに対応したおやつや、高タンパクなおやつなどさまざまな種類があり、愛犬の状態によって与えられます。
ジェルタイプサプリメントタイプのものもあり、愛犬のお悩みに応じたケアおやつなどもあるので、試してみる価値はありそうです。

おやつのメリット&デメリット

おやつのメリットデメリット

おやつにも与えるメリットだけでなくデメリットももちろん出てきます。
メリットだけでなくデメリットもしっかりしておきましょうメリットだけでなくデメリットもしっかり理解しておきましょう。

おやつのメリット

・おやつのメリットはしつけトレーニングの成果が上がることです。
・初めて会う人からおやつをもらうことで社会性の訓練にも役立ちます。
・おやつを与えることで食べる喜びを与えられます。

おやつのデメリット

・執着心を強めます。
・偏食の原因にもなりおいしいものしか食べなくなってしまう可能性が生まれます。
・与えすぎにより肥満の原因にもなります。

トイレを覚えさせる時や「お手」「おかわり」を覚えさせるときに、成功した報酬として褒めてご褒美を与えると子犬に正解が伝わりやすいと言うメリットがあります。
ですがしつけやトレーニングの時に、成功が当たり前になってくれば毎回のご褒美を与える必要はありません。

毎回成功するたびにおやつを与えてしまうと、おやつがないと何もしないようになってしまいます。
トレーニングが成功し始めたら、実際におやつを与えるのは数回に1度与えることにより、ご褒美がなくても言葉だけで言うことを聞いてくれます。

また、子犬の時期は予防接種などで動物病院を受信する機会が多いので、診察の際に頑張ったご褒美におやつを与えると病院嫌いになりにくくなりますので、是非ご褒美を与えてあげましょう。

まとめ

犬が喜んでる姿を見ると、ついつい甘やかしてしまいたくなります。
ですが恋の際成長のためにしっかりと色を食べて必要な栄養を摂取することが大切なので、おやつを与えすぎると就職への興味を損なわせてしまう可能性があります。

またおやつでお腹をいっぱいにさせてしまうと主食を食べなくなってしまうので、与えすぎには注意してください。
小型犬はドッグフードに好き嫌いをする子が多いと言われているので、小型犬を飼う際は、おやつの与えすぎにより気をつけなければなりません。

おやつのメリットを最大限上手に利用し、愛犬との生活を充実させていきましょう。

カテゴリの最新記事