犬のワクチン【予防できる病気】

愛犬と一緒にお散歩やいろんなところに出かけて、犬との生活を楽しみたい人は子犬の頃から犬を飼い、定期的なワクチンを接種する必要があります。

ワクチンには子犬を病気から守る役割がある重要なものなので、必ず打ちましょう。

そもそも犬のワクチンとは

犬のワクチン

ワクチンは、ウィルスや細菌などの感染から犬を守る役割があります。

重症化すると危険な状態になるので、感染症を予防するために、ワクチンを接種しておけば、感染症にかからなかったり、かかった場合でも、軽症で済むと言うメリットがあります。

ワクチンを接種している犬が増えることにより発症した犬から犬と広がる感染の危険性を減らすこともできるのです

犬が感染するウィルスや細菌は、人に感染するものもあります。

犬のワクチンには、単独や複合感染によって致死率の高い感染症にも効果があるワクチンが開発されており接種することが可能です。

ワクチンを接種しないと、お散歩中に感染する危険性があります。

主にお散歩中に感染するウィルスには、犬の排泄物などへの接触による感染してしまう可能性があります。

犬の一生涯自宅の敷地からほとんど出さないと言う犬を除いては強ウィルスの混合ワクチンを接種しておくことをおすすめします。

また、ワクチンを打っていない犬は、トリミングやドッグラン、ペットホテル、しつけ教室などを利用できない可能性もあります。

そのため、ワクチンを打つ事は非常に重要なことなのです。

犬のワクチンで予防できる病気

犬の病気を予防する

ワクチンで予防できる感染症や病気は多くあり、ワクチンの種類によって予防できる病気が異なります。

犬:パルボウィルス感染症

犬のパルボウィルス感染症は伝染力が強く治療が遅れると子犬の9割は死亡してしまいます。嘔吐、下痢が続き脱水症状などを起こす恐ろしい病気です。

犬:伝染性肝炎

犬伝染性肝炎は犬アデノウィルスI型の感染によって発症する感染症です。

2日から8日の潜伏期間を経て急性の肝炎を発症します。

主な症状は高熱や食欲不振、鼻水です。子犬では症状をほとんど示すことなく、突然死をする場合も少なくない恐ろしい病気です。

犬:ジステンパー

犬ジステンパーとは、免疫力の弱い子犬だと、死亡率が高い感染症です。

主な症状は、嘔吐、高熱、下痢、元気がなくなる等の症状が見られます。

最終的には、脳までウィルスが達し、神経系が侵されると、痙攣や行動異常が起こります。

犬:コロナウィルス感染症

犬ころなどウィルス感染症は、軽度の場合胃腸炎で済むケースが多いのですが、子犬は犬パルボウィルスとの混合感染で症状が重くなります。

犬パルボウィルスと同様で下痢や嘔吐が見られ脱水症状が進行すると、命を落とす危険性も非常に高くなるのです。

レプトスピラ感染症

レプトスピラ感染症とは、人と動物の共通である感染症の1つです。

感染源は主に、ドブネズミが持つレプトスピラ菌で、ドブネズミの尿から排出された菌が人間の皮膚や子犬に触れるなどによって感染します。

このレプトスピラ菌には複数の種類があり、感染した菌によって症状が異なります。

ケンネルコフ

ケンネルコフとは、犬パラインフルエンザウィルスいや犬アデノウイルスII型などへの感染が原因となり発症する病気です。

別名犬伝染咽頭気管炎とも呼ばれています。

症状は主に咳で、日常生活では元気に過ごしているように見えるため、気づきにくい病気です。

感染した場合、咳が数日間で収まれば問題ありませんが、混合感染を引き起こすことで、肺炎になる可能性が高く、高熱を出してしまう危険性があるのです。

狂犬病

狂犬病とは、人にも感染する人獣共通の感染症の1つです。

発症した動物からかまれることで感染し、獅子率はほぼ100%の大変恐ろしい病気です。

これは国で定められており、単独ワクチンを接種することで予防します。

ワクチンには、単独のワクチンと混合のワクチンがあります。

単独感染や複合感染により重症化する危険性がある犬パルボウィルスや犬アデノウイルス、犬ジステンパーウィルスはコアウィルスと呼ばれており、混合ワクチンで接種することができます。

コアウイルスを予防できるコアワクチンが含まれている混合ワクチンは、動物病院によって異なるので、獣医さんに確認してみましょう。

子犬のワクチンを打つ時期

子犬のワクチン時期

子犬には、母体移行免疫が失われる生後45日以降に、初回の混合ワクチンを接種させます。

すでに母犬が感染症に対する免疫があり、初乳の時に子犬が充分に母乳を飲んでいると、生後45日までは母体移行の抗体が子犬の体内に残っています。

そのため免疫がある間にワクチンを接種しても効果がないため、生後45日以降にワクチンを接種するのです。

1回目のワクチンは、生後1ヵ月半から2ヶ月ほどで打ちます。

2回目のワクチンは、1回目のワクチンから3週間から4週間目で打ち、3回目も同様に、2回目のワクチンから3週間から4週間後に打ちます。

子犬のお散歩はワクチンを3回から4回打ってから行くことができますが、お散歩については、獣医さんに相談すると良いでしょう。

犬のワクチンの副作用とは

犬のワクチンの副作用

ワクチンを打つ場合、副作用も注意しなくてはなりません。

副作用には、アナフィラキシーショックから、浮腫、発疹、下痢や嘔吐などがあり、副作用が生じた場合は直ちに動物病院で対処してもらえるよう、ワクチンの接種はなるべく午前中におこないましょう。

また、心配な場合、ワクチンを接種した後30分間は動物病院がその近くに留まって愛犬の様子を見ておくことをおすすめします。

ワクチン接種後は自宅に帰ってから安静にし、愛犬が体調不良になっていないか、おかしな行動をとっていないかなどをチェックし、異常が見られた場合もすぐに動物病院を受診するようにしてください。

まとめ

日本の法律ではワクチンの接種が義務化されている狂犬病のワクチンと、任意の混合ワクチンがありますが、どちらも愛犬を守る大事なことの1つです。

愛犬の健康守り、愛犬と気持ちよく生活を送るために、欠かせないことの1つなので、愛犬のことを考え、打ってあげるようにしましょう。

また、混合ワクチンの種類は、かかりつけの獣医さんと相談しながら体質やライフスタイル、生活環境にあう混合ワクチンを打つことがおすすめです。

カテゴリの最新記事