犬を飼う前に準備するもの

犬を飼おうと思っていても、何を準備したらいいのかわからない人が多くいます。
そして、犬を飼うにあたり、準備するものは意外に多く、知らずに犬を迎えてしまっては、後に困る事が多々出てくる可能性があります。
そこで今回は、犬を迎える前に準備しておくもの、あると便利なものを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

必ず用意した方がいいもの

始めに、必ず準備しておくといいものを紹介します。
新しい家族が増えるのですから、困らないように最低でも下記のものを揃えておきましょう!
子犬が来る当日から使うものから、迎えてから必要になるものを費用と一緒に紹介しますので参考にしてください。

事前に準備するものと費用

子犬を飼う前に事前に準備するもの

犬と暮らす前に事前に必要なものをご紹介します。

必要な物 費用
サークル 8000円~
ペットシーツ100枚 1000円~
トイレ 1500円~
クレート/キャリー 4000円~
犬用ベッド 1500円~
餌入れ 1000円~
給水機 1000円~
餌(子犬用)1kg~ 1500円~

サークル

犬を家に迎え入れた時にサークルは、必要なものです。
サークルは留守番時や寝るときに過ごす犬の安心できる場所となるスペースなので、必ず用意しておきましょう。
選び方は犬の大きさによって異なり、成長した時のことを考え、大きめのサークルを用意しておくと良いでしょう。

ペットシーツ・トイレ

ペットシーツは証文品ですが、必需品です。最初に用意するシーツは薄手ので十分ですが、大きくなるにつれオシッコの量も増えるので、時と場合に応じてシーツの厚さを変えることをおすすめします。
お留守番の時間が長い場合は、シーツを厚いものにすると良いでしょう。

トイレは主にサークルの中に設置ことをおすすめします。
犬がオシッコをする場所を決めることで、他の場所への排泄がなくなるので、トイレの場所を決めてあげましょう。

キャリーバックorクレート

病院やお出かけ時、電車やバスに乗る時などにキャリーバックやクレートが必要になります。
お出かけの際に電車やバスに乗る時は、キャリーバックやクレーとに入れなければ、基本的には乗車出来ないので、一つは用意しておきましょう。
キャリーバックやクレートに慣れさせる為に、迎えたときは毎日使用し、怖くないものだと教えてあげる必要があります。
また、クレートを犬のお家代わりにする飼い主さんもいます。

犬用ベッド

犬が安心して眠れるよう、犬用ベッドを準備してあげましょう。
犬も人間と同様、寝るときはフカフカな所を好みます。
そのため、ゲージやお昼寝をするスペースに置いてあげると良いでしょう。

餌入れ・水入れ

ご飯やお水を与える時に必要です。
最初は自宅にあるお皿などを代用しても結構ですが、犬と人間の食べ物を分けるためにも犬用の餌入れを用意しておくことをお勧めします。

水入れは、餌入れと同じような形状でも良いのですが、目を離した隙に倒してしまう恐れがあるので、壁掛け用の給水機や自動給水機がおすすめです。
水はいつでも飲めるように、少なくなったら足すことを忘れないでください。

子犬用のご飯

最初のうちは、犬を迎える前にあげていたものと同じご飯を与え、ご飯を変える場合でも、いきなり変えるのではなく、徐々に変えていくようにしましょう。
子犬のご飯を変える場合、必要な栄養素を取れるものが必要なので、「子犬用」や「総合栄養食」と表示のあるご飯を選びます。

「子犬用」「総合栄養食」は理想的な栄養バランスに調整されています。
その中でも犬種や成長過程に合わせて設計されたごはんや、アレルギー、肥満など犬の健康維持に配慮したご飯もありますので、より自分の犬に合ったものを選んであげることをおすすめします。
食事量は体重を目安に決められており、最初の数ヶ月は日々の成長を計測し、必要な量をしっかり与えるようにしましょう。

子犬を迎えてから準備するもの

子犬を迎えてから準備するもの

犬を迎えてから準備するものを紹介します。

内訳 費用
おもちゃ 500円~
おやつ 500円~
首輪/リード 1000円~
ブランケット 1000円~
犬用消臭スプレー 500円~

おもちゃ

犬が遊ぶものを用意してあげるとよいでしょう。

犬のストレス発散のためにおもちゃは効果的なので、いくつか買っておくことをおすすめします。
ボールやロープ、骨など種類がたくさんありますが、一番はロープがおすすめです。
ロープでの引っ張り合いっこで遊んであげてみてはいかがでしょうか。

おやつ

硬いおやつは基本的に生後半年以上たってから与えるようにしましょう。

柔らかいものだと生後3ヶ月でも与えることのできる「おやつ」がありますので、半年も経ってない子犬には裏面に記載されている表記を確認して購入するようにしてください。

おやつはしつけに必要となるので、1つは用意しておきましょう。

首輪/リード

散歩に行けるようになるのはワクチンを最低でも2・3回打つか、獣医の許可がでてですが、早いうちに首輪に慣れてもらう必要があります。
また、病院に連れていくときなどに、逃げてしまわないよう、首輪は買っておくことをおすすめします。
犬が迷子になっても見つかり易いよう、ネームプレート付きの首輪があるので、名前と住所を刻印してもらえる首輪はおすすめです。
そして、首輪と同様、リードにも慣らしておきましょう。
いずれはお散歩で必要になるので、家でリードをつけたお散歩の訓練をするためにも、準備しておくのをおすすめします。

ブランケットやぬいぐるみ

お迎えしてはじめのうちは、ブランケットやぬいぐるみを一緒に置いてあげると良いでしょう。
ぬいぐるみは子犬が母親だと思い、安心してくれやすいと言われています。

犬用除菌消臭スプレー

室内で犬がオシッコやウンチをトイレ以外でしたときに必要です。
オシッコやウンチには菌がたくさんいるので、トイレに失敗したときはすぐに拭いて除菌する必要があります。
犬用のスプレーだと、犬が舐めても害がないように作られているので、なるべく犬用の消臭スプレーを使いましょう。

その他

子犬のシャンプー

  • ウェットティッシュ
  • ぞうきんやタオル
  • ジョイントマット
  • ポリ袋
  • 消臭剤
  • 収納ボックス
  • ブラシ
  • 爪きり
  • 歯ブラシ
  • おうや入れ
  • シャンプータオル
  • シャンプー/リンス
  • ガム

それ以外では上記のものも必要なので、早いうちに準備しておきましょう。
ブラシや爪きり、歯ブラシなどの犬が使うものは、必ず慣れさせる必要があります。
子犬のうちに慣れておけば、大人になったときにも安心して使うことができるので、なるべく早く準備しておきましょう。

まとめ

この記事では、初めて犬を迎えようと思っている人へ向けた記事です。
犬と快適に生活をするためにも必要な物や、あると便利なものなので、是非準備しておきましょう!

犬との楽しい生活を想像しながら準備すると、準備もキット楽しいので、犬を飼う前から楽しみましょう!

カテゴリの最新記事