うさぎと暮らすために必要な飼育環境とは!?

うさぎと暮らすために必要な飼育環境とは!?

うさぎを飼うときには、気をつけなければならないことがたくさんあります。
はじめに、お迎えしてから1週間は非常に重要とされており、迎えてから1週間はしてはならないこと、しなくてはならないことが多くあります。

うさぎとの過ごし方、抱っこやトイレなどのしつけを始める時期、エサをあげるときの注意点や配慮など、うさぎを飼育するときは注意点が以外にも多いので、うさぎと暮らすことをお考えの方は是非ポイントを抑えておきましょう。

うさぎをお迎えするときの注意点

うさぎをお迎えするとき、最初の注意点は生まれてからどのくらいたっているのかを必ず確認しておきましょう。
極まれに生後1ヶ月赤ちゃんうさぎさんが店頭にいることがありますが、飼ってはなりません。

うさぎはデリケートで、ストレスに非常に弱い動物です。そして、生後1ヶ月の子うさぎは環境の変化に耐えられず、大きなストレスにより突然なくなってしまうケースがあるのです。
初めてうさぎさんをお迎えするのなら生まれて2ヶ月経った子うさぎを迎えてあげるようにしましょう。

しっかりとしたペットショップや専門店では、生後1ヶ月の子うさぎを販売はしませんし、店頭に出ていたとしても、店員さんが販売できない旨を教えてくれます。

そういったペットショップや専門店は適切な健康管理ができている証拠なので、うさぎをお迎えにあたる相談や不安なことなども含めて、何かとアドバイスしてくれます。

お迎えする前に

うさぎを迎える前に、部屋の掃除をし、ゲージも組み立てて用意しておきましょう。
うさぎを迎えた直後に広い部屋へ放すことはせず、速やかにゲージに入れて慣れさせてあげましょう。

もともと狭いゲージで過ごしてきたうさぎは、いきなり広い場所に放されるとパニックを起こしてしまううさぎもいます。
恐怖のあまりに突然死をしてしまう可能性もあることを覚えておいてください。

うさぎの家となるゲージは、できるだけお迎えするまえのうさぎのゲージに近い景色にしてあげることをおすすめします。
給水器やエサ入れの位置やデザイン、トイレの位置やデザインなど、同じにしてあげるとうさぎも安心しやすくなします。そして、元々自分の匂いが付いたタオル布なども譲ってもらえるのなら譲ってもらいゲージに入れてあげましょう。

最初の1週間が大事

うさぎをお迎えしてから最初の一週間が非常に重要になってきます。
冒頭でもお話しましたが、うさぎは非常にデリケートな動物なので、ストレスに弱い性質があります。

【1日~6日】

1日目~3日目までは極力部屋の付近を静かにし、水やエサをあげる以外はそっとしておいて上げましょう。

3日を過ぎれば、うさぎはゲージの環境に慣れ始めたときなので、撫でてあげたり、エサを手であげたりしてあげても良い時です。
ただ、いきなり抱き上げたり、ゲージから出したりすると意味が無いので、ゲージ越しからコミュニケーションをとりましょう。

【1週間以降】

1週間を過ぎれば、ゲージ越しのスキンシップにも慣れ始めてくるころなので、ゲージの外に出して遊ばせてあげましょう。
初めての景色に敏感なので10分~30分ほどでゲージに戻してあげましょう。

初めての外なので、不意に撫でたり、追いかけたりしないでください。
うさぎは、自分に危害がないとわかったときに自分からよってきてくれるので、そのときまで待ちましょう。

うさぎをゲージの外に出す際に気をつけることがあります。
うさぎはコードや家具など、様々なものをかじる性質があるので、噛まれて困るものはペット用の保護カバーをかけ、危険なものはうさぎの届かない場所におくようにして下さい。

トイレのしつけもこの時期がおすすめです。

うさぎの飼い方

家族になったうさぎの飼育の方法や注意点を簡単に紹介します。

うさぎをゲージから出すときは、うさぎの口に入っては危険なものをうさぎが届く場所におかないようにしてください。

そして、うさぎは運動が取っても好きな動物です。テンションがあがるとぴょんぴょん飛び跳ねたり、走り回ったりするので、1日1回は外に出してあげることをおすすめします。

うさぎは綺麗好きなのですが、基本的には自分で毛繕いをし、綺麗にしているので、お風呂に入れなくても問題ありません。
むしろ、お風呂にいれたら、きちんと乾かさないと皮膚炎になる可能性が高いので、お風呂にいれず、汚れた場合は清潔なタオルで拭いてあげるほうがいいかもしれません。
お風呂よりもブラッシングを毎日してあげましょう。

うさぎに名前を覚えてもらうためには、高めの声で名前を呼んであげ、近寄ってきたら思いっきり褒めてあげましょう。
「名前は呼ばれて嬉しいもの」と思わせたいので、おやつや牧草などを与えてあげても効果的です。

ご飯についてです。
牧草は毎日なくならない量を与えてあげましょう。
ペレットは1日に朝と夜の2回決まった量を与えて上げましょう。
人間の食べるものは与えないでください。野菜も与えすぎると下痢をしやすくなるので、おやつとして与えてあげましょう。

すこしでも様子がおかしいなと感じたら、すぐに病院へ連れて行ってください。
うさぎの体調不良は解りづらく、ご飯を食べなくなってしまってからでは対応が遅れる可能性があるので、注意が必要です。
ウンチの形や尿の具合などを毎日チェックして健康管理をしてあげましょう。

まとめ

うさぎと暮らすにあたって、必要な知識を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。
うさぎはストレスに弱い性質をもつ動物です。そのため「ストレスをかけない」ことが一番のポイントです。
一緒に暮らすにあたって大事なことですので、是非覚えていただければ幸いです。

また、うさぎも家族の一員です。そのため、止む終えない状況でも捨てるという洗濯はしないでください。
大好きな家族と離れ離れになることは、うさぎだけでなくともストレスを感じます。大事な家族の一員としてうさぎと暮らしてください。

そして、愛情いっぱいに最後まで一緒に過ごして下ましょう。

ウサギカテゴリの最新記事