うさぎと一緒に暮らそう!【うさぎを飼う時に必要な物】

うさぎと一緒に初めて暮らすときに、準備しておく必要があるものをがいくつかあります。うさぎを飼ってから、揃えるのでは少し遅いので、うさぎがお家にやってくる前に揃えておきましょう。

うさぎに必要な物の選び方までを紹介していきますので、是非参考までにご覧いただければ幸いです。

飼うときに必要なもの

うさぎを飼うときに必要な物

うさぎを飼うときにエサ以外で必要な物が、最低でも5つあり、これらを揃えておく必要があります。
ゲージ・エサ入れや牧草入れなどの食器&給水器・トイレ・かじり木・保温&保冷用品はうさぎが、うさぎを飼う上で最低でも必須なので、用意しましょう。

「ゲージ」

ゲージはうさぎのお家です。うさぎが寝そべっても足りる大きさのゲージが必要で、大体60cm×50cm程の大きさのゲージを選ぶようにしましょう。

うさぎの性格にも合わせることが大切なのですが、飼い主の生活スタイルにも合わせることが重要です。衛生環境が保てること、掃除がしやすいことを条件にすれば、うさぎにとっても住みやすく、心地の良い空間になるので、決して外せない条件なのです。

掃除のしやすいように、トレイが洗いやすいものや、必要に応じて天井部分が開くもの、床が衛生的に保てるような構造で不衛生にならないものなど、飼い主がうさぎのお家を綺に保てるゲージを選びましょう。

また、うさぎが大人になった時の大きさも視野にいれて、ゲージを選ぶようにすることで、末永く使用できるでしょう。

「うさぎの食器・給水器」

うさぎの食器には、牧草を入れる用とペレットを入れる用を準備する必要があります。

牧草入れは、様々な形のものがありますが、うさぎが食べやすい形状のものを選びましょう。そして、牧草は常に食べられるようにしておかなければならないので、基本的には補充がしやすい牧草入れを用意しましょう。

エサ入れは、うさぎ用のペレットを入れられる物を選びましょう。うさぎがゲージで暴れても、ひっくり返さないような、固定できるものを選ぶことをおすすめします。
そして、給水器は、外付けのボトル式のものを選ぶのがおすすめですが、ボトル式の場合は、水がしっかり出るかを毎回確認してあげましょう。

食器も給水器も、どちらも衛生面を保てることを選ぶ必要があり、食器は糞や尿が入らないような大きさや、位置を考えて設置するようにしましょう。

「トイレ」

うさぎはトイレを覚えていない場合、別の場所でトイレをしてしまうので、最初にトイレを覚えさせてあげましょう。

うさぎは基本的に同じ場所に排泄をする修正があります。そのため、トイレを覚えてもらえば、基本的に排泄で汚れた部分を掃除することで、ある程度の衛生は保たれますので、必ずトイレを用意しましょう。
トイレには、プラスチックや陶器製の商品があり、形が三角と四角がありますので、うさぎの部屋にあう大きさや、うさぎが尿を外さないような形など、トイレの選び方も重要です。

はじめは、どちらか一方を購入し、うさぎの様子を伺ってから選ぶことをおすすめします。網スノコやトイレの高さなども選ぶときに重要なポイントとなっています。

「かじり木」

うさぎは歯が常に伸び続ける生き物です。そのため、うさぎは歯を削るために物をかじる習慣があります。
かじり木などの何かかじるものがないとき、ゲージの柵などをかじってしまったり、歯が変な形に伸びてしまったりと、うさぎの健康に害を及ぼしてしまう恐れがあります。

うさぎは、かじることでストレス発散にもなり、健康面の維持もすることが可能なので、かじり木を是非用意してあげましょう。

保温&冷却用品

地域やうさぎを迎え入れた時期にもよりますが、うさぎは厚すぎても寒すぎてもダメで、しっかり、温度管理をしてあげる必要があります。

元々うさぎは、耳でしか温度管理ができない生き物なので、人間のように汗をかいたりし、温度調節をすることができないのです。そのため、うさぎの部屋では保温用品と冷却用品が欠かせません。

うさぎの適温は、夏で20度~23度が適切です。
そして、冬の適温は、18度~20度が適切です。

この温度を維持するために、床に敷くひんやりするアルミ板や、外付けの保温ヒーターなどをおいてあげるとうさぎの健康を保つことができるので、夏に厚すぎる地域にお住まいの方や、冬に寒すぎる地域にいる方は、必ず用意しましょう。

その他

その他

「すのこ」

その他には、ゲージの床に敷くすのこが必要な場合は、用意してあげましょう。
ゲージの床が網や、プラスチックなどで、うさぎの足が引っかかって、怪我の可能性がある場合は、必ずすのこを用意してあげましょう。

「グールーミング用品」

うさぎも、ブラシや爪きりなどのグルーミング用品を用意しておくと良いでしょう。
うさぎは綺麗好きなので、手や体や耳を自分で整えたりするので、必ずしもブラシは必要ではありませんが、爪切りは必要です。
爪は人間同様、切らなければのび続けるので、是非爪切りをする習慣をつけてあげましょう。

ブラシングはスキンシップの一環にもなるので、一つは用意しておくことをおすすめします。

「キャリーケース」

うさぎを病院などへ連れて行くために用意しておくことをおすすめします。病院へは、様々な動物がいることが多いので、危険をなくすため、接触しないためにもキャリーケースやバックに入れてあげましょう。

まとめ

今回、うさぎを迎えるにあたって必要な物を紹介してきました。うさぎを初めて飼うためには、必ず必要な物を揃えてから迎え入れてあげましょう。

うさぎにとって快適で過ごしやすい環境を作るために、是非参考にしていただければ幸いです。その他のものは、あれば便利なものなので、是非用意しておくと良いでしょう。

うさぎと一緒に快適な生活を送れるように、飼い主が住みやすい環境で一緒に暮らせれば、飼い主の負担も軽減され、よりうさぎにとっても住みやすい環境になります。
うさぎと暮らすには、清潔に衛生的にも保ちやすい用品を揃えましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です