子犬が噛む理由としつけ方

子犬のときは、よく噛む子が多く感じると思います。人間の赤ん坊と一緒で、子犬も口の中に物を入れようとしたり、興奮して遊びの延長戦で甘噛みをしたりします。

甘噛みは子犬のうちはそこまで痛くありませんが、これを放っておいてしまうと大人になってから噛み癖が付き、どんな状況でも噛んでしまうような子に育ってしまいます。
そのため、しっかりやめさせるようにしつける必要があります。

こちらでは、子犬が噛む理由とそのしつけ方法の2つを紹介していきますので、是非参考にしていただければと思います。

子犬が噛む理由

子犬が噛む理由

子犬が噛む理由を理解してからしつけをする必要があるので、まず始めに噛む理由を紹介していきます。
犬はそもそも、噛むことが大好きな動物です。そんな犬が子供のときになぜ噛むのかを理解しておきましょう。

歯がかゆいから

子犬の歯は生後1ヶ月ごろから生え始め、生後4ヶ月から8ヶ月ほどで子犬の乳歯が生え変わります。人間も、歯の生え変わりの時期は、歯茎がムズムズし気になっていじってしまっていた人も多いのではないでしょうか。

人間と同様、犬も歯の生え変わりにはムズムズし、どうにかしようと目に付いたものを噛むのです。

噛む事が楽しい為じゃれて噛む

子犬の時期は遊び盛りのやんちゃ盛りです。犬は人間のように起用に両手を使って遊ぶことができない変わりに、口を使い噛むなどをして遊びます。
気になるものを噛むことで、噛んでいるものが何かを確かめている可能性もあります。
おもちゃなどを与えたときに、触感が楽しいものは、気に入ってずっと噛むようになります。

犬同士が取っ組み合いをして噛み合うのも遊びの一環で、活発な子犬や若い成犬は人間のする「プロレスごっこ」のようなものです。飼い主が遊びの一環として相手をしていれば、危険な「噛む」という行為には発展しませんが、皮膚が傷つき赤くなったり、酷い場合は、服を破られ手しまう可能性があります。
子犬の時期に起こることなので、じゃれて噛む場合は、成犬になれば、大体が自然に収まりますが、注意をしなければならないことがあります。
じゃれて噛む場合は、甘噛みを超えてしまう可能性があるのです。興奮してしまうと血が出るほど強く噛んでしまったり、おやつが欲しいときなどの要求のときに噛むようになってしまうケースがあるのです。じゃれて噛む場合は、リラックスできる相手にのみ見せる行動なので、お散歩中などで回りに迷惑をかけるまでは行きませんが、じゃれていて強く噛んだ場合でも、犬に悪気があるわけではない事を理解してあげましょう。

噛まないようにするためには

噛まないようにするためには

甘噛みは基本的に直してあげたほうがいいでしょう。その理由として、そのまましつけずに成犬になってしまったら、子犬の感覚で人の手を噛み、怪我をさせてしまう可能性があります。

飼い主の手を噛むだけなら、まだいいのですが、他の人に怪我を負わせてしまっては責任問題になったり、大変なことになりますし、飼い主も犬とどう向き合えばいいのかが解らなくなってしまう恐れがあります。

そのため、子犬のうちから、しっかり噛み癖を直す必要があるのです。成犬になってからでは、噛み癖をしつけることが難しくなってしまうので、子犬のうちに直してあげましょう。

噛み癖を直すしつけ

遊び盛りの子犬にとっては、噛む事が遊びのひとつなので、その全ての行為を取り上げることはできません。このときに行うしつけが人の手を噛む行為をやめさせること。
噛み癖をなくすためのしつけ方法は、犬に「与えられたものは噛んでもよい」「人は噛んではいけない」などを理解してもらう必要があります。
そのなかで、犬が噛むことを大好きだということを忘れないであげてください。

犬用のおもちゃ

一つ目の方法で用意するものは、犬用のおもちゃです。
犬用のおもちゃには、様々な種類のおもちゃがあるので何種類かを用意してあげましょう。
おもちゃで一緒に遊ぶことも忘れないでください。

噛まれたくないものには噛み防止スプレー

家具やカーテン、スリッパなどで遊ぶ子犬が多いので、子犬にじゃれて噛まれては困るものは、噛み防止スプレーなどの犬の嫌がる匂いや味がするものを使って対処しましょう。
市販で売られている防止対策用品には子犬が舐めても害のない、安全な成分のものがありますので、安心してください。

人を噛んだ場合に不快感を示す

子犬の歯が人の身体に触れたら「痛い!」や「ダメ!」と大きな声をだして、不快だということを子犬に理解してもらいます。
飼い主は子犬に対して、人を噛む行為はいけないことだということを解ってもらうために、大きな声を出すときは低い声で言ってあげましょう。
この際に歯が身体に触れた瞬間に声を出すことがポイントです。
それでもやめないときは、子犬に背を向きおとなしくなるまで無視をしましょう。

声を上げたときに噛む行為をやめた際は、大げさに褒めてあげてください。
痛くなくても、歯が当たった瞬間に声を出し、やめたら褒めるを繰り返すことで、子犬は人の身体には歯を当ててはダメと学習してくれます。

注意点は、間違ってでも噛まれている最中に高い声をだしたり、手をひらひらさせないでください。子犬にとっては、この行動が飼い主も楽しんでいると勘違いしてしまうからです。

 噛まれても叩いたり叱らない

子犬にとって甘噛みは悪気がある行動ではありません。そのため、子犬に噛まれても叩いたりマズルを掴んで叱ることは絶対にしないでください。

犬には本来、恐怖感を与えることで対象を遠ざけようとする本能があるのです。犬にとってストレスにもなりますし、体罰は犬に恐怖心を与えてしまうだけになるので、絶対にしてはいけません。

犬が恐怖心を抱くと、凶暴になってしまう可能性があります。
怖くて唸ってしまったり、怖くて噛んでしまう恐れがあるので、叩いたり、マズルを掴んで怒鳴り散らかしたりは絶対しないようにしましょう。

まとめ

子犬が快適にストレスを感じず、のびのびと成長してもらうには、おもちゃをたくさん用意する事をおすすめします。

歯の生え変わりでムズムズしていたり、遊びたかったりするだけなのだと理解したうえで、しつけを行うことで、犬自身も欲求を我慢することなく、自分の意思でやめるようになってくれます。

そもそも、子犬は子供なので、とっても遊び盛りです。子供なので、教えるのには時間がかかりますし、子犬のうちは、噛み癖が完全には解消できない事だと思っておくのが一番なので、噛んでいい物はたくさん噛ませてあげるという気持ちで子犬と向き合ってあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です