犬が食べてはダメな食べ物を知っておこう!

犬が食べてはダメな食べ物を知っておこう!

愛犬と暮らす中で、普段はドックフードを与えている飼い主さんが殆どだと思います。
そんな中で、愛犬にもご褒美や祝い事のときに人間と同じようなものを与えたいと思う飼い主さんも多く、手作りご飯をつくる飼い主さんも多く見かけます。
愛情がこもった手作りのご飯をおいしそうに食べてくれたら、やっぱり嬉しいものですよね。

ですが、愛犬に手作りのご飯を作るときに注意しなくてはならない点が多くあるので、今回は、犬が与えてはいけない食べ物をご紹介していきます。

犬の健康を守るために、危険な食材と中毒症状について紹介していきますので、是非参考にしていただければ幸いです。

犬が食べたら危険な野菜

犬にとって危険な野菜

始めに野菜であげてはいけない食材を紹介します。犬にとって危険な成分が含まれた野菜は意外に多くありますので、注意が必要です。

「たまねぎ」「にら」「にんにく」

たまねぎとにんにく

まず、危険な野菜で1番有名な食材は「たまねぎ」「にら」「にんにく」です。
この野菜はアリルプロピルジスルフィドという成分が含まれており、犬には害を及ぼす成分なのです。たまねぎ・ニラ・にんにくに含まれるアリルプロピルジスルフィドが犬の赤血球を破壊し、貧血を引き起こします。加熱していても決して与えてはならない代表的な食材です。

嘔吐・下痢・呼吸困難・歯茎や白目の部分が黄色くなる・茶色い尿・無気力などの症状が見られます。人間が食べるようなパスタソースや離乳食などにも、たまねぎやにんにくが含まれている物があるので、注意しましょう。

エシャロット、ワケギなどもこの有害な成分が入っていますので、お気をつけください。

トマトの緑の部分

トマト

トマトの緑の部分や葉っぱ、茎には「ソラニン」という犬にとって中毒性のある物質が含まれています。中毒症状は吐き気、筋力の低下なので、食べてしまわないように注意しましょう。

ちなみに赤く熟したトマトは無害なので安心して下さい。

アボガド

アボカド

アボカドに含まれる「ペルジン」という成分に中毒性があり、下痢や嘔吐を引き起こす原因となっています。必ずしも中毒症状が出るわけではないものでもあるのですが、アボカドの種を誤って飲み込んでしまった場合は、消化器官を閉塞する恐れがあるので、注意が必要です。

必ず中毒症状出るわけではありませんが、出てしまったら犬がかわいそうなので、与えないことをお勧めします。

犬が食べたら危険な果物

犬にとって危険な果物

続いては、危険な果物をご紹介します。
与えてはいけない果物は限られていますので、しっかり覚えておきましょう!

さくらんぼやチェリー

さくらんぼ

成熟していないさくらんぼなどの皮や種には、犬にとって有害な物質である「シアン化物」が含まれています。熟した物はわずかしか成分が含まれていませんが、さくらんぼの木などが家の近くにある場合、時期になると実が落ちている場合があるので、お散歩中などには決して食べないように注意が必要です。

「シアン化物」には赤血球が酸素を運ぶ働きを悪くするため、瞳孔散大や呼吸困難に陥る可能性があります。

ぶどうやレーズン

ぶどう

ぶどうやレーズンは急性腎不全を引き起こす可能性のある果物です。下痢や嘔吐、腹痛、食欲低下、脱水等を引き起こし、元気が消失してしまったり、おしっこの量が減るなどの症状が見受けられます。

中毒に関することは解明されていないところも多く、中毒量が不明なのですが、何かがあってからでは遅いので、少ないからといっても与えないでください。

犬が食べたら危険なナッツ類

犬にとって危険なナッツ類

続いては危険なナッツ類をご紹介します。ナッツ類は全般的に消化が悪く、便秘や下痢、嘔吐、消化管閉塞等を引き起こす可能性がある食べ物です。基本的に犬には与えないほうが良いでしょう。

クルミ

クルミ

日本で栽培されているクルミには害がないといわれていますが、カビが生えてしまってクルミは絶対にあげないでください。震えや神経症状を引き起こす可能性があります。

もしも、どうしてもあげる際は、必ずカビが生えていないかを確認するようにしてください。

マカダミアナッツ

マカダミア

マカダミアナッツはナッツの中でも中毒症状を起こすことがある食材です。ただ、原因となる成分が特定されていませんが、神経症状を引き起こすといわれています。

脂質が多いため、肥満の原因や膵炎などになる可能性もあるので、あげないようにしましょう。

その他の危険な食材

その他の食材

最後にその他の危険なお菓子などの食材です。基本的に味の濃いものは与えてはいけませんが、その中でも中毒性のある食材を紹介しますので、絶対に与えないでください。

生のパン生地

パン生地

生のパン生地にはイーストが含まれており、イーストの働きで、生地が消化管の中で膨らみ、閉塞する恐れがあります。それが原因で、「胃捻転」という、胃がねじれてしまう病気になってしまいま可能性があるので、注意が必要です。

チョコレート

チョコレート

チョコレートに含まれる「テオブロミン」という成分が犬には有害で、中毒症状を引き起こしてしまいます。チョコレートの種類によって「テオブロミン」が含まれる量が異なるのですが、与えてはならない食材なので、絶対犬の届かない場所に保管しておきましょう。

見受けられる症状は、下痢や嘔吐、多尿や痙攣、興奮などです。s

キシリトール

キシリトール

犬にとっては有害なキシリトールを摂取してしまうと、急激に低血糖を起こし、無気力・下痢嘔吐・震え等の症状が見受けられます。

摂取後1時間ほどで症状が現れるそうなので、絶対に与えないでください。

魚介類

魚介類

魚介類もあげないようにしましょう。少し古くなってしまった魚介類は中毒症状を起こしやすく、危険な状態になる可能性もあります。ただ、栄養が豊富ではありますが、脂質が多く、加工品は塩分が多いので、消化器の症状が現れる可能性もあります。

あげる際は新鮮な魚介類で塩分の無いものだけにしてあげましょう。

もし危険な食材を食べてしまったら

もし誤って食べてしまった場合は、吸収される前に吐かせましょう。また、自分で吐かせる事ができない場合は、必ず、すぐに動物病院へ連れて行ってあげてください。

有害な成分が犬の体内に吸収されてしまった場合、食べた量によっても症状が異なりますが、犬がとても辛い状態になってしまう事を認識していただければと思います。

犬は言葉が喋れないので、痛いや苦しいなどを発することができません。そのため、毎日の様子を見てあげれば、危険なものを食べてしまった時にいち早く気付く事が出来るので、愛犬の日々の観察も忘れないようにしましょう。

まとめ

人間には無害ですが、犬にとっては命に関わる可能性もある危険な食材が意外に多くあります。飼い主が注意しなくては、犬は誤って食してしまう可能性ももあるので、注意が必要です。

犬の健康を願うのなら、安全で安心の食材を使用し、おいしいご飯やおやつを是非作ってください!

ペットのいる暮らしカテゴリの最新記事