犬のトリミングで愛犬の清潔を保とう!

犬のトリミングで愛犬の清潔を保とう!

犬の毎日のお手入れは愛犬の健康にもつながる大事なことです。犬を飼うときに誰もが直面する抜け毛の悩みや、皮膚病の悩み事。愛犬にお手入れはコミュニケーションとしても重要な役割を持っています。

今回は、お手入れのひとつである「トリミング」についてご紹介していきます。

トリミングはプードルやシーズー、マルチーズ、ヨークシャテリアなどのトリミングが必要な犬種にとってはトリミングサロンは欠かせません。

トリミングサロンといっても多くあるため、トリミングサロンを探す時のポイントと簡単なお手入れについてご紹介していきますので、是非参考にしてください。

犬のトリミングとは

トリミングについて

トリミングとは毛を整え、刈り上げる意味を指し、愛犬の毛をカットし整える「犬の美容院」のことを「トリミングサロン」といいます。

現在では「トリマー」というペット美容師の職業があるように、動物を取り扱う専門学校のなかでもペットトリマーの育成コースが設けられており、ペット業界では人気の職種のひとつとなっています。

愛犬にとってもトリミングは健康を維持するためにも必要なことであり、カットして整えるだけでなく、様々なケアも同時に行ってくれるのです。

そんなトリミングの大事さや、どのくらいの頻度でトリミングサロンを利用したらいいのか、トリミングサロンの価格帯、施術内容などをご紹介していきます。そして、自宅でできるお手入れの方法もご紹介しますので、是非参考にしていただければ幸いです。

トリミングの大事さ・利用頻度と価格

トリミングの大切さ

では始めに、トリミングは愛犬にとってどれだけ大事なことなのかをご紹介していきます。

犬の種類によってトリミングが必須な犬種がいます。よく聞くのが「トイ・プードル」ではないでしょうか。
プードルという犬種は毛が抜けにくく、毛の生え変わりが殆ど無い犬種です。そのため放置していると毛が伸び放題になってしまうため、定期的なブラッシングやカットが必要となってきます。
逆にブラッシングやカットを怠ると、皮膚に負担がかかり、皮膚病などになってしまう可能性もあるので、健康を保つためにもブラッシングやカットが必要となってくるのです。

ただ、毛が長い犬種のトリミングを自宅で行うことは非常に難しいことで、生き物ですので、ある程度の知識がないと、犬に負担をかけてしまう恐れがあります。
そこで、利用するのが「トリミングサロン」です。

トリミングサロンは、犬などの動物に関する知識があるトリマーが行ってくれるので、犬にかかる負担を最小限にして施術をしてくれます。
また、上記でも記載したとおり、カットのみならず、様々なケアもしてくれるので、安心して頼むことが可能です。ただ、トリマーさんも人それぞれですので、施術の荒さなどが目立つトリミングサロンもあるので、施術終了後にしっかりカット部分やケアした箇所を良く見てあげてください。

爪きりが甘く、長いままのケースや、耳の汚れが取り除けていないトリミングサロンがあるので、細かいところまでチェックし、行きつけのトリミングサロンを見つけましょう。

利用頻度

利用頻度は「1ヶ月に1回」を目安にシャンプーやカットを行うとよいでしょう。

犬の健康状態によっては利用頻度が異なるので、その際は獣医さんに相談し、トリミングの利用頻度をお尋ねください。

価格

価格は、小型犬よりも大型犬の方が価格は高く設定されていることが多いです。ただ、犬種によっても価格が大きく異なり、トリミングが必要なトイプードルの場合【5,000円~8,000円】の間が多く、チワワやダックスフンドなどは【3,000円~5,000円】の間が多く、大型犬は【10,000円】弱かかることが多いのが特徴です。
また、トリミングサロンによっても価格にバラつきがあるので、いくつかのサロンを探し、サービス内容、価格を比較してから利用するようにしましょう。

トリミングサロンは「安かろう悪かろう」ではないので、安くてもサービスがとってもいいトリミングサロンもありますし、高いのにサービスが悪い場所もあるので、たくさん調べて見つけていきましょう。

また、サロンによっては、シャンプーが選べたり、毛玉などで追加料金が発生する場合があるので、必ず予約時に確認することをおすすめします。

トリミングが不向きな犬種

トリミングは必要な子が多く、犬種自体でもトリミングを行ったほうがいい犬が多いですが、全犬種が必要なわけではありません。

抵抗力の弱い子犬や他人に対して臆病な犬、持病のある老犬等は基本的にトリミング自体が大きなストレスとなってしまうので、愛犬の状態を見て判断しましょう。

また、犬種では「柴犬」のように冬毛と夏毛が生え変わる犬種や、短毛種の犬はカット自体必要ない事もあるので、シャンプーのみの利用が基本となります。そのため、トリミングサロンは必要ないと感じる飼い主さんも多くいるので、そういった場合は、必ず必要なことではないので安心してください。

トリミングサロンでの施術内容

トリミングの施術内容

トリミングサロンの魅力は、シャンプーカットのみならず、セットとして様々なケアしてくれる場所でもあります。そのため、月一回通うことで、全身の清潔さが保つことができるのです。

では、様々なケアとは具体的にどういったことを行ってくれるのでしょう。

【爪きり&耳掃除】

爪きりと耳掃除は、定期的に行わなければいけないケアのひとつです。そして、爪切りや耳掃除が苦手な犬も多く、なかなか満足にできないご家庭もあるでしょう。
また、爪きりや耳掃除は意外に難しく、一定の知識が必要となります。知識の無いまま間違ったケアをしてしまうと、怪我をさせたり、病気の原因となってしまい、犬にとってもトラウマを与えてしまう恐れがあるので、不安な方はプロのトリマーさんにお願いしましょう。

爪きりと耳掃除はトリミングサロンの中でも、単品のセットとして利用することも可能で、比較的安く行ってくれるトリミングサロンが殆どなので、トリミングが必要ない犬種の子でも、お得に利用することが可能ですので是非頼んでみてください。

【足裏・腹部のバリカン】

トリミングが必要のない犬でも、足裏や腹部のバリカンは必要です。

お腹周りは、しっこによる汚れ防止や熱中症等を防止してくれる効果があります。
そして、足裏のバリカンをすることで、蒸れをなくして足裏を清潔に保ち、犬が滑らないようにしてくれます。滑らないようにすることで、愛犬の怪我の予防となるので、非常に重要です。
また、足裏は菌が繁殖しやすい場所でもあり、、指間炎や膿皮症などの病気を引き起こしてしまう恐れがあるので、足裏バリカンは非常に重要なのです。

【肛門腺絞り】

犬の肛門には、近くに肛門嚢と呼ばれる袋が存在します。この肛門嚢にたまる分泌物は、普段は便と一緒に体外へ自然に排出されるもの名のですが、個体により自分でうまく処理できずに、溜まってしまう場合があるのです。

この溜まった分泌物を絞ることを「肛門腺絞り」といいます。

この袋に、分泌物が溜まると、「悪臭の原因」や「肛門嚢が破裂」の恐れがあるので、定期的に肛門腺絞りを行わなくてはならないのです。

自宅でシャンプーを行っている方も、肛門腺絞りを一緒に行う方は少なく、耳掃除や爪きりと比べても少しレベルが高いケアとなっています。

自宅でできるお手入れ

犬シャンプー

毎月の出費が痛いと思う方も多く、お手入れを自宅でも行いたい人は、自宅でシャンプーを行ってあげてください。

犬用のシャンプーはペットショップで購入する以外にも、ホームセンターなどでも購入することができます。犬用シャンプーの種類は多く存在しますが、「速乾性のリンスinシャンプー」が初めての方にはおすすめです。犬は毎日シャンプーしてしまうと皮膚に負担を与えてしまうので、最低でも2週間に1回程度で十分です。

犬用シャンプーは、ノミ取り用シャンプーや、白毛用シャンプー、低刺激シャンプーなどの種類があるので、犬の状態に合わせて使用するようにしましょう。

そして、犬のシャンプー時には注意することがあります。
注意点を抑えてから行ってあげましょう。

シャンプーの手順&注意点

・シャワーは人肌ほどのぬるいお湯で行いましょう。
首の後ろからゆっくりシャワーをあててあげ毛をぬらしていきます。このときにいきなり頭からかけないように注意しながら、愛犬が安心するよう声がけを忘れずに行いましょう。
顔部分は最後に濡らします。
このときに「肛門腺絞り」もできたら行いましょう。

・シャンプーを適量取り全体に泡を立てていきます。
しっかり奥まで洗えるように、泡立ててください。首部分まで洗えたら、次は顔部分を洗っていきます。
顔部分は、鼻に水が入らないように顔を上げさせてゆっくり毛を濡らしていきます。
頭のてっぺんからシャンプーをしていき、目や鼻に入らないように優しく手早く洗ってください。

・シャンプーが完了後、濡らしたときと同じように、ゆっくりシャワーをあててあげ、顔部分から流していきます。
泡が残っている場合、皮膚炎になる可能性があるので、洗い残しが無いように、しっかり泡を流してください。

・シャンプーが終わったら、次にタオルドライを行います。
タオルで水気がなくなるように、しっかり水分をふき取ってあげましょう。

・タオルドライで水気をふき取ったら、ドライヤーで中までしっかり乾かしていきます。
このとき、ブラシやコームを使いながら乾かしましょう。乾かすのが不十分ですと、シャンプーの意味がなくなってしまうので、全体が完全に乾化すようにしましょう。
また、ドライヤーで同じ場所をずっと当ててしまうと火傷をしてしまう恐れがあるので、遠めに離してドライヤーをかけてあげることをおすすめします。

・全体が乾ききったらシャンプー完了です。

まとめ

愛犬を綺麗に保つために必要なトリミングやシャンプーについてご紹介してきました。

トイプードルなどの犬種は様々なカット方法があり、お人形さんのような可愛い仕上がりにすることができ、愛犬を更に可愛くすることもできるのがトリミングです。

トリミングやシャンプーなどは健康を保つために必要なことのひとつでもあるので、犬と暮らし始めるなら、連れて行くことをおすすめします。
また、自宅でできるお手入れは、シャンプー以外にもブラッシングをしてあげる必要があるので、毎日のスキンシップとして、ブラッシングをしてあげると犬も喜びますし、シャンプーなども楽にすることができるでしょう。

ペットのいる暮らしカテゴリの最新記事