ペットを飼うときに必要な環境

ペットを飼いたいとお考えの人は多くいると思います。

ただ、ペットを飼ったことが無い人にとって、はじめの一歩を踏み出すことが少し難しいのが現状です。そのため「いずれペットを飼いたい」と思っているだけで、その先に進めず、足踏みをしている人が多いのではないでしょうか?

もちろん、ペットは生き物で命があります。そのため、しっかりとした覚悟を持った上で、ペットと一緒に暮らしてほしいのですが、飼いたいのに「わからない」や「不安」があるだけで、動物が大好きなのに飼えないというのは少し悲しいことなので、是非こちらをご覧になって、ペットと暮らす生活をイメージしていただけたら幸いです。

今回は、ペットと暮らすために必要な環境についてをご紹介しますので、是非ご覧ください。

ペットを飼うということ

ペットを飼う

ペットには様々な種類の動物がいます。「犬」「猫」「鳥」「うさぎ」「ハムスター」「リス」や「爬虫類」までもペットして一緒に暮らしている人が多くいます。
第一にペットを飼う上で大事にしていただきたいことは、「同じ命のある大切な家族」して認識していただきたいことです。

ペットは「ただ可愛いから飼いたい」や「家にいたら癒される」という気持ちだけでは飼う事は難しいでしょう。全動物に当てはまりますが、人間ではないため、言葉が喋れません。そのため、言うことを聞かず、しつけが難しい動物が殆どです。

言うことを聞かないからや掃除か大変だからという理由だけで、心無い人が多くペットを物のように捨ててしますケースも多く聞きます。
間のように「痛い」や「悲しい」や「苦しい」などを言うことができない動物は、その動物の行動を読み取ってあげなければなりません。

そのため、ペットを飼う上でお願いしたいことは、「物」として扱わないでください。

ペットは可愛いです。もちろん、癒されます。人間と同じように、ペットにとっても愛情が一番の喜びなので、是非これからペットを飼う人は、たくさん愛してあげてください。

ペットに必要な環境

ペットに必要な環境

ペットを飼う上で必須条件は「ペットが飼える物件」であることです。

ハムスターやうさぎなら比較的飼う事を許されるケースが多いようで、ハムスターは一般的に「観賞用の小動物」に当てはまるそうで、ペットが禁止のマンションでも契約書に「小動物許可」が記されていれば、動物の種類にによっては飼える可能性があります。

ですが、どんな動物でも、飼育が許可されている家に住んでいなければ、飼うことができないので、必ず一緒に住める環境であるかを確認しておきましょう。

ペットが飼えない家でペットを飼ってしまった場合、ペットをやむ終えず手放さなくてはならない状況に陥る可能性があります。ペットの住める環境を整えてあげるのも、親である飼い主の義務なので、ペットを飼いたいとお考えの人は必ず「ペットが飼える物件」かを確認し、飼えない場合は、飼える物件への引越しが必要です。

冷暖房

温度管理

ペットと暮らすには人間と同じように寒すぎたり暑すぎたりしてしまってはいけないので、冷暖房の温度を調節できるエアコンなどが必須となってきます。

動物によりますが、ペットは比較的人間のように汗をかく部分が限られており、自己で温度管理をするのが難しい生き物なので、平均で23度~26度程度の室内温度を保って上げられる環境を作ってください。

ペット用のお家

ペットのお家

犬も猫も、小動物も、必ずゲージで飼育することをおすすめします。初めて自宅に動物を招きいれた際に、動物自身がその環境に馴染むために安心できる「ペット用のお家」を用意する必要があるのです。

ペットを飼い始めて2日~3日は、むやみに触ったりせず、ゲージの中でゆっくりと見守り「ここが自分の家」だと認識させることが大切です。

むやみに触ってしまったりすると慣れていない環境で、恐怖心を抱いている可能性があるため、ストレスを与えてしまう恐れがあります。そのためゆっくり、ゆっくりと自宅の環境に慣れさせてあげてください。

まとめ

ペットと暮らすことは大変です。赤ん坊と同じで、言葉か通じないため、育てることで悩むことも増えるかもしれません。ですが、ペットと暮らすことによって、本当に毎日が変わりますし、癒しでもあり、よき理解者、よきパートナーとなってくれます。
愛情を与えれば与えるだけ、良い子に育ってくれますし、本当に素敵な暮らしを送ることができます。

ペットには、人間とは違う習慣があり、人間にはわからないような行動をとることがあります。その部分は仕方ないことだと認識してあげ、しっかり理解することが必要ですし、しつけができない動物もいますので、そこを理解したうえでペットと暮らしていただければと思います。

そのために、ペットを飼う上で住環境が整っているかは非常に重要で、無くてはならない条件なので、これからペットをお家に迎え入れようとお考えの方は最低でも「ペットが飼える物件か」「冷暖房設備が整っているか」「ペット用のお家を用意できるか」の3つを最低でも整えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です